一般的な治療・手術について

ヘルニアというと手術が必要だと感じている方が多いですが、
骨盤にベルトを掛けて牽引をする治療法もありますし
患部を温めることで辛い症状を緩和する温熱療法などの治療を受けることが多いです。
必ずしも手術が必要というわけではないので、
早めに診察を受けるようにすると、体に負担の少ない治療法を提案してもらえます。

現在はメスを使用せず
レーザーを照射する方法のPLDDによる治療を行っている病院も少しずつ増加しています。
あまり重症の方には難しいと言われていますが、
初期のヘルニアの方には有効な治療法で
治療も短時間で終わることが出来るので、体に負担の少ない治療法です。
保険適用外の治療になっていますが、費用についても相談に乗ってもらうと良いでしょう。


排便や排尿が困難になっている重度の病気の方は、
早めに外科的な手術を受ける必要があります。
腰椎椎間板や頚にヘルニアのある方は放置をしておくと辛い症状が進行してくるので、
信頼できる医師が揃っている病院を見つけておく必要があります。
院内が清潔で、最新の設備が整っている病院を選ぶようにすると
体に負担の少ない治療法を提案してもらえます。


外科的な手術を受けた後は理学療法による治療が必要になるため、
医師や理学療法士の指導の元で、運動療法を行うことが大切です。




⇒トップページへ