13:治療方法について

「今回は治療方法について大まかにお話ししたいと思います。

原因だけでなく治療方法についても知っておきたいところですよね。
その治療方法ですが、大まかに分けて2つ、保存療法と手術療法があります。
保存療法の場合は消炎鎮痛剤などを使い傷みを和らげる方法やベルトなどを利用したり
さらに温熱療法などで痛みを和らげて行く方法もあります。
そして保存療法を行っても症状が改善されない場合は
手術による治療も検討していくこととなります。

手術の場合は症状の原因となるヘルニアを除去していく手術が行われることとなり
背中を切開して切除するという方法が従来の手術方法です。
そして、今はより医療も進化しており、
より体に負担の少ない優しい治療が行われるようになっています。

最近では内視鏡を利用して取り除いていく方法もありますし、
内視鏡を利用して悪い部分を取り除いたあとに
ラジオ波で椎間板を焼き固める方法も登場しています。

これは保険適用外となっており、
治療を受けられるのも軽度から中度程度の方が対象となっていますが、
より体に負担の少ない治療を行いたい方におすすめの方法です。
金額的な面や身体の負担面、治療期間など人によって選ばれる治療法はいろいろあると思います。
良く考えてご自分に一番適した治療方法を選択されてみて下さい。




⇒トップページへ