3:腰痛とヘルニア

「今、腰痛症の方多いですよね。
長時間座っている仕事が多い方、長距離ドライバー
重たいものを持つ習慣が多い方、骨がもろい方と多くの方が腰痛に悩まされてます。

腰痛を訴える方で良く耳にする病気の中にヘルニアがありますが、結構多いですよね。
人間の体は多くの骨や筋肉などから成り立っていますが、
その中の腰椎という部位は人間の体を支えるためにはとても大事な部分です。
実際、その部分を損傷してしまうと最悪下半身麻痺になりますものね。

椎間板ヘルニアは頸・腰に起こします。
椎間板は、骨と骨の間のクッションのような存在ですが
その椎間板にも周りの硬い部分と中心の芯になる部分があります。

そのうちの、芯となる部位である髄核という部分が
周りの壁を押しのけて飛び出てしまい
周辺の神経を圧迫してしまい色々な症状が現れます。
検査して映像を見ると、結構痛々しいんですよね。

こんなところからこんなものが飛び出てたら痛いに決まってる!と声が出そうなぐらいです。
でも身体が悲鳴をあげているのが良く分かり、
自分の身体をいたわる気持ちが出て来ます。


まずはメンテナンスをしてあげメンテナンス完了後
自分の身体を良く知る事で強い部分と弱い部分を上手に使って行くようにすると
身体も健康で『長持ち』します。


腰痛は体の基本部分ですから、十分なメンテナンスが必要です。


⇒トップページへ