6:早目の診察を

私たちの体には大変重要な背骨があり、
脊椎にはクッションの役割りをしている髄核がありますが
なんらかの原因で飛び出してしまい神経を圧迫してしまうと
腰に激しい痛みを感じるヘルニアに罹る場合があります。


重い荷物を持ったりなどの重労働をしている方や、
お子様を抱っこしている方、重たいものを持たなくても
事務職などの座りっぱなしの仕事をしている方にも多い病気です。
デスクワークをしている方は、長時間同じ姿勢を取っている方が多く、
腰に負担を掛けてしまうことが多いためです。


ヘルニアの症状は、腰に激しい痛みを感じたり、
下肢にしびれを感じることが多く、歩行が困難になったり
前かがみの姿勢が取りにくくなることがあります。
気になる症状が見られたら、早めに医師の診察を受けるようにして下さい。
X線による精密検査を受けますが、
この地点でははっきりとわからないことが多いため、MRIによる検査を行います。


早期に発見することで、体に負担の少ない治療法を提案してもらえます。
初期の場合は、内服薬による治療が中心になってくるので
しばらくの間は服用を続けることが大切です。
それでも早期に発見する事により手術などとは違い
身体に大きな負担をかける事無く治療する事が出来る訳です。



⇒トップページへ